松坂、イチロー完全封じ込めも初黒星

レッドソックスの松坂大輔投手(26)とマリナーズのイチロー外野手(33)の初対決が11日(日本時間12日)、レ軍の本拠地フェンウェイ・パークで実現した。7年ぶりの激突は、本拠地で初先発した松坂がイチローを4打席とも無安打に抑えたが、チームは0-3で敗れた。松坂は7回を3失点で初黒星を喫した
 勝負に勝って、試合に負けた。全4打席でイチローを沈黙させたが、3失点。味方援護にも恵まれず、松坂が本拠地デビュー戦で初黒星を喫した。「勝ちたかったです」-。敗戦投手は、かみ締めるように言った。
 カーブで入った第1球。「イチローさんは、何が何でも、どんな形でもいいから打ち取りたいと思う人。すべてを使って抑えたいと思う」。その打席は94マイルの直球で投ゴロに打ち取ったが、一死一塁で迎えた五回はフォークで空振り三振に。七回の第4打席はスライダーで二ゴロに。持ち球を駆使して無安打に抑えた。
 「イチローさんは、僕が成長を認めてもらいたい、と思う唯一の人」。特別な思いが強すぎたのか、五回はイチローを三振に仕留めた直後に、わずか2球で2点を許した。次回対決は6月の敵地。“ザ・対決”は、第2章の幕を開けた。

引用【ライブドアニュース】

この記事へのコメント
ライブドアニュースと同じ内容だけですね。
何かあなたの感想があればと思い見にきたのですが…
残念です
Posted by at 2007年04月12日 20:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38551173

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。